Portugal

国連 1989 発行
  切手で綴る 冒険大航海 (Adventure Voyage)
ディオゴ・ゴメス船長
1458、ガンビア河探検
1462、ヴェルデ岬諸島発見


大航海物語
 ポルトガル編

PORTUGAL
ディオゴ・ゴメス船長

ポルトガル 1990-94 発行
16世紀ポルトガル
カラベル船


ポルトガル 1943 発行


アゾレス諸島           .
マデイラ諸島       .
カナリア諸島   .
西サハラの〜ボジャドール岬
オーロ川
西サハラの〜ブランコ岬→
モーリタニアの〜アルギン湾
セネガルの〜セネガル川
ヴェルデ岬諸島 ヴェルデ岬
ガンビア川

ギニア
シェラレオーネ
GAMBIA

ガンビア 1992 発行




エルミナ
アフリカ大陸

ディオゴ・ゴメス (1440頃〜1482頃)
 Diogo Gomes

1458年にポルトガルエンリケ航海王子の命で、3隻のかラヴェル船で、アルヴィーゼ・ダ・カダモスト(Alvise Cadamosto 1432-1488)が発見した航路の「カナリア諸島を通過してブランコ岬へ直行」するルートで、アフリカ西海岸を南下、リオ・グランデ河(リオ・デ・オーロ:黄金河の意で、ボジャドール岬とブランコ岬の中間付近)に到達しました。その後、ガンビアガンビア河に到着して、河をさかのぼり、ゾウ・カバを観察し、カントール(Kuntar)に達し、その地方の支配者との交易に成功しました。織物とガラス玉を180ポンドの金と交換できました。その交易はマリトンブクトゥ(Timbuktu)から、セネガルにまで至っていました。その後、再び海岸を160km南下し、ギニア・ビサウ対岸のビジャゴス諸島(Bijagos Islands)を発見(1458年)したと伝えられていますが、定かではありません。

1462年には王子の命で、アントニオ・ダ・ノリと共に2度目の航海をして、ヴェルデ岬諸島を発見しました。

エンリケ王子の時代は船上で使用する「四分儀」は無かったと言われていますが、ジル・エアンネスが考案して、1474年にディオゴ・ゴメスが船上で初めて「四分儀」を使用した人物だとも伝えられています。

参考:〜
ビジャゴス諸島
  Bissagos Islands

ビジャゴス諸島は1535年にポルトガルが占領。18の大きな島と12の小さな島々から成立つ、大西洋のギニアビサウ沖合に浮かぶ群島で、現在はギニアビサウ領。20の有人島があり、住民の多くはビジャゴス人であり、ビジャゴス語が話されている。ボラマ島、ブバケ島およびカラヴェラ島の人口が多く、観光客も訪れ、ウミガメ、マナティーなどの野生動物が生息しており、ユネスコの生物圏保護区に指定されている。
ウミガメ

ギルバート1979発行

参考HP:〜
 ・ガンビア河の地図
 ・ビジャゴ諸島の地図

・上記はこちらの文献などを参照させてもらいました。   10/8/8、2017/2/25

スタンプ・メイツ
Copyright(C):Kosyo
無断転載禁止